トップ > 大樋美術館/Ohi Museum

百万石文化を伝え育てる加賀の茶陶
開館は1990年秋。大樋長左衛門窯の敷地内に位置する。初代長左衛門から現代にいたるまでの大樋焼作品並びに、加賀藩に縁の深い茶道具類を展示している。現在の館長は十一代大樋長左衛門。常設展示を行う3つの展示室を擁し、第一室では、初代長左衛門と裏千家四世仙叟宗室の作品を、第二室では、大樋焼歴代の作品を、第三室では、大樋家と関わった文化人や芸術家などが残していった作品や資料を公開している。その他、時期に応じて陶磁芸術に関する特別展を開催している。美術館の外壁は、十代長左衛門作(陶冶斎)の陶壁。 前庭「風庭」は勅使河原宏の監修。
また、ミシュランガイドでは個人美術館では例のない「一つ星」の認定を受けている。

350年の歴史をもつ大樋焼はロクロを一切使わず、手で捻り、飴釉を特徴としています。
現当主の十一代大樋長左衛門、そして文化勲章受章者・文化功労者・日本芸術院会員の大樋陶冶斎は伝統と現代を融合させ、
ともに新しい大樋焼を提案しています。

The Ohi Ware with 350 years of history, does not use any wheel, but is formed by hand, and is characterized by its amber glaze.


Wikipedia:大樋美術館/Ohimuseum

bars.png

bars.png

 大樋美術館入館料金/Ohi Museum Admission fee Guidance

大樋美術館料金表2.png

IMG_3382.png

大樋焼歴代茶碗+金沢和菓子
Ohi-yaki successive generational tea bowls + Kanazawa style sweets

 選ばせて頂いた歴代茶碗から、お好きなものをお選び頂けます。
 金沢を代表する和菓子とともに喫されるひと時が、印象的な時間となれば幸いです。


 When you purchase a café ticket, you will be served tea in a tea bowl that you personally select from among
 a collection of fine pieces made by successive generations of Ohi artists.

 We will be pleased if you spend a memorable time with us enjoying with your tea the Japanese sweets that
 uniquely represent the city of Kanazawa.

大樋美術館
2014年11月29日 OPEN
めいてつ・エムザ 1階 黒門小路